プロミス審査に落ちたらどこに申し込めばいいの?審査に落ちた原因とは?

掲載日:2018年7月24日
更新日:2018年7月24日

カードローンを初めて借りる人は、大手のプロミスかアコムに申込する人が多いでしょう。なぜなら、それだけ知名度があり、すぐにお金を借りれるイメージがあるからです。

 

それは間違っていません。お金を借りたい!と思ったときにすぐに借りれるのは紛れもなく消費者金融なのです。

 

銀行もカードローンに参入してきました。2010年に貸金業法が改正され、総量規制ができたことで消費者金融業界は年収の3分の1までしか貸付ができなくなり、専業主婦への融資は禁止となりました(専業主婦は収入がないため)。

 

それから消費者金融は経営が困難となり、銀行の子会社やグループ会社になることで生き残ることを選択しました。そこから銀行カードローンの猛攻が始まり、2016年~2017年は一気に銀行カードローンの残高が増えました。

 

しかし、出る杭は打たれるということわざがあるように、銀行の過剰貸付が自己破産者の増加を招いているとマスコミに叩かれ、結局は銀行も自主的に総量規制を審査に導入するまでになったのです。

 

話が逸れましたが銀行カードローンは金利は確かに消費者金融よりも低いのですが、過剰貸付を発端に、警察庁へ反社会勢力からの申込かどうか、毎回データベースへ問い合わせしなければならなくなり、即日融資ができなくなったのです。

 

2018年現在、再び消費者金融に脚光が集まっています。その日に申込して現金を借りられるのは消費者金融だけだらです。そして消費者金融大手のプロミスはすぐに借りたい人からの絶大的な支持があります。

 

当然、最初に申込するとき、誰もが審査に通らないと思わないでしょう。大きい金額は借りられないかもしれないが、断られることは無いと思っているはずです........。

 

しかし、プロミスの審査に落ちる人もいます。プロミスの審査通過率は2017年度は平均42.94%です。これはアコムより若干低いのですが、消費者金融の中では高い審査通過率です。

 

プロミスの審査通過率
項目/年月 2017年11月 12月 2018年1月 2月
新規申込件数 42,097人 32,497人 39,598人 42,198人
新規契約数 19,914人 14,549人 17,675人 19,363人
新規貸付率 47.3% 44.8% 44.6% 45.9%

 

この審査通過率から言えることは、10人がプロミスに申込しても約半分は審査に落ちるということです!絶対審査に受かると思っているあなた!意外に消費者金融の審査は甘くありません。審査通過率が60%を超えていたのは過去の話です。

 

もし、審査に落ちたらどこに申込しますか?多分アコムやモビット、アイフルなどの同じ大手消費者金融に行くでしょう。銀行カードローンに申込しても消費者金融で落ちているなら、審査に通るのは厳しいです。

 

三井住友銀行カードローンなどは、保証会社がプロミスになっているため、プロミスの審査に通らなかった場合、三井住友銀行の審査にも高確率で通りません。

 

プロミス以外に申込む前に審査に落ちた原因を考えよう!

プロミスの審査に落ちたからと言って、そのまま他のカードローンに申込してもかなりの確率で審査落ちするでしょう。

 

もし、貴方が他に借入が無くて借金0円で申込したのに審査に通らなかった場合、絶対に何かしらの原因があります。今から審査落ちする項目を挙げていきますので当てはまらないか確認してみてください。

 

信用情報に事故情報(異動情報)がある

借入が全く無いのに借りられない人の多くは、信用情報に事故情報がある人です。事故情報とは正式には異動情報と言われ、ブラック情報とも言われたりします。事故情報は原因が解決してから5年間は消えることがありません。

 

原因が解決しなければ、ずっと登録されていますので、かなり昔の情報であっても事故情報があった時点でカードローンの審査は通りません。

代表的な事故(異動)情報
延滞 過去に3ヶ月を超える延滞をした場合に登録。
債務整理 弁護士や司法書士へ任意整理を依頼した場合に登録。
特定調停 簡易裁判所に特定調停を申立した場合に登録。
個人再生 地方裁判所に個人再生申立した場合に登録。
自己破産 地方裁判所に自己破産申立した場合に登録。

カードローンの指定信用情報機関はJICCとCICの2社ですが、総量規制が導入されたことをきっかけに、この2社の情報は交流しています。なので、JICCかCICどちらかに加盟していれば、2つの情報を見ることができるのです。

 

信用情報機関は他に銀行が加盟しているKSCもあります。KSCとJICC・CICは事故情報(異動情報)だけは交流しています。この交流をCRINと言います。

 

プロミス

 

このため、仮に銀行で長期滞納をしてKSCに事故情報が登録されれば、CRINによって分かりますので、カードローンの審査は通らなくなります。逆に、カードローンで長期延滞や債務整理などをした場合、銀行にもCRINによって分かりますので、銀行関係のローンも通らなくなるのです。

 

よくあるケースとして、昔奨学金を借りていたが数ヶ月滞納したことがある人は、KSCに事故情報として登録されていますのでカードローンの審査に通らない場合があります。

 

今現在全く借金が無い人でも、奨学金の事故情報によって借りれない人がいるのです。また他には携帯電話を過去に滞納していた場合など、様々なローンがありますが、ローン会社が信用情報に加盟していれば、借入の事実はもちろん、事故情報も登録されてしますのです。

 

信用情報の利用は必ず本人の同意が必要となります。申込書などに同意書が付いてる場合が多いですが、知らず知らずのうちに信用情報利用に同意していたパターンもあります(ほとんどは担当者により説明されていますが聞き流していたりすると忘れています。)

 

もし、少しでも心当たりがある人は、JICCまたはCIC、KSCに情報開示手続きを行いましょう。スマホからでも簡単に開示手続きができます。(※KSCは郵送のみの開示手続きです)

 

総量規制の範囲内かどうか?

消費者金融は貸金業者になりますので総量規制が適用されています。総量規制とは年収の3分の1までしか貸付ができない貸金業法の規定です。

 

そのため、当然自分自身の年収が無い専業主婦は審査に通ることができません。もし、アルバイトやパートの収入があればその3分の1まで借りることが可能ですが、あまりにも収入が少ないと返済能力が無いと判断され、審査に落ちます。

 

もし、プロミスの審査に落ちたのなら、自分自身の借入が総量規制オーバーになっていないか確認してみましょう。

クレジットカードのキャッシングも総量規制の計算に入ります!

クレジットカードのショッピングは割賦販売法であり、総量規制の対象にはなりませんが、クレジットカードのキャッシング機能を使って現金を借りていれば、それはカードローンと同じ総量規制の計算に含まれます。

 

もし年収150万円の人が、クレジットカードのキャッシングで50万円を借りていた場合、総量規制によってそれ以上の借入は貸金業者からできませんので、カードローンへ申込しても審査に落ちることになります。

 

クレジットカードのキャッシングは信用情報に出てきますので、消費者金融などの借入と同じように計算されます。

 

このように、カードローンだけが年収3分の1に含まれると勘違いしていると、借入が無いのに審査に落ちるケースもあるのです。

 

他社の返済が遅れていると審査落ちになります

これは借入がある人が対象ですが、他社の返済が1日でも遅れていると審査に落ちます。これも信用情報を照会すればすぐに分かります。

 

事故情報が無く、総量規制の範囲内だったとしても、他の支払いができない人は返済能力が無いと判断しますので、延滞が分かった時点で審査に通ることはありません。

 

返済を滞納しているならば、入金した後にもう一度プロミスに申し込みしましょう。ちなみに、入金した当日はまだ信用情報が更新されていない可能性もあるので、できれば入金した翌日に申し込みした方が良いでしょう。

在籍確認はきちん取れているか?

自分が審査落ちになった原因が一番分かりづらいのが、在籍確認で落ちた人です。在籍確認とは、主に勤務先に個人名で電話を入れ、本当に働いているか確認することです。

 

この在籍確認で退職していたり、会社にあまり来ていない状況が判明すれば審査に落ちますが、曖昧な場合は社会保険証と給料明細で書面での在籍確認をします。

 

電話で在籍確認がはっきりと取れなくても、書面で取れれば審査に通ります。電話での在籍確認で一発審査落ちになるのは、よっぽどの事です。

 

稀にですが、電話に出た事務員の受け応えが下手くそすぎて、会社の在籍が取れない場合がありますが、その場合は書面での在籍確認になりますので、電話で一発審査落ちであれば、明確に退職していることが確認できたか、働いていない事がはっきりと分かった場合ぐらいしか落ちないものです。

 

仮にきちんと働いているのにも関わらず、在籍確認が原因でプロミス審査落ちになったのなら、普通にアコムやモビットなど別の消費者金融に申し込めば審査に通る可能性があります。

 

過去に利用していて取引内容が悪ければ審査落ちになります

過去に1度でもプロミスを利用していれば、その取引データは保管されています。もし以前に利用したときに延滞が多いなど、取引内容が悪ければ、今現在借入が無くても断られるケースがあります。

 

自社のデータは10年以上前でも保管してあります。20年前でも利用があればその記録は必ずあります。たまに本人が忘れているだけで、過去に利用していて、散々延滞していたのが原因で審査に落ちる人もいます。

 

しかし、これが原因で審査に通らないのであれば、他の消費者金融は過去のデータを持っていないため、普通に審査に通るでしょう。

 

審査に落ちた原因は聞いても教えてくれません

ここまで審査に落ちる原因になるものを紹介してきましたが、プロミスは審査に落ちた原因を絶対に教えてはくれません。これはプロミスだけではなく、他社でも同じです。

 

なぜ審査落ちの原因を教えないのかは、いろいろ理由があるのですが、例えば他社を1週間延滞していることが原因で審査に通らなかったとします。仮にそれを本人に伝えると、遅れている業者へ返済してもう一度融資申し込みをしてくる人がいるのです。

 

しかし、プロミスからすれば、他のカードローンを1週間延滞していた事実だけで、もうその人にお金を貸したくはないのです。申込者は原因を直せば借りれると思っていますが、それは大きな間違いです。

 

3か月後にもう一度申込してきて、その時に延滞が無ければ借りれる可能性は充分にありますが、それは、信用情報から3か月間の実績を見て融資をするのです。

 

延滞を解消したからすぐに貸してくれと言ったところで実績が無い人に貸せません。お金を借りる人の多くは「きちんと返します」、「支払いは問題ありません」と言うのが当たり前だからです。

 

プロミス審査に落ちたらアコムへ申し込むべき?

さて本題ですが、もしプロミス審査に落ちたのなら、一旦アコムに申し込みしてみるのは有りです。なぜなら、もしアコムも審査に落ちたのなら、多分どこに申し込みしても審査は通りません。

 

しかし、プロミスだけの審査基準で落ちたのなら、アコムは普通に審査に通る可能性があるからです。

 

注意点として、一気に融資の申し込みをすると、信用情報の申込件数が増えて逆に審査に通りづらくなります。これを申込ブラックと呼ばれています。

 

信用情報は原則、融資申込の返済能力の調査目的しか照会してはならないことになっています。そして1回信用情報を照会すれば、照会した日時が記録されます。

 

もし3社に融資申し込みをして、 3社とも信用情報を照会すれば同日に3件の申込記録が残るのです。

 

カードローン業者はその申込記録は借入申込と見ますので、3件以上同日にあった場合、合理的な理由が無ければ不審に見られ、審査落ちする原因になるのです。

アコム

カードローン審査スピードNo.1のアコムは最短30分審査!

アコムの特徴

アコムはカードローンでも審査スピードがNo.1と言われており、カードローン審査ではいつもTOPにいるカードローンです。プロミス同様、新規の人は30日間金利0円サービス有。パートアルバイトの方でも問題ありません。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
融資日数 最短即日

アコムは申込当日に借りたい人には特に人気があります。アコムの自動契約機なら8:00~22:00まで年中無休(年末年始除く)で稼働しているため、WEBで申込して審査通過後に自動契約機へ行けば、最短30分程度でカード発行ができます。カード発行後は併設のATMから即日融資ができますので、銀行振込時間終了後の夕方や夜、土日祝日でも即日融資で借りることができます。

アコム公式サイトはこちら⇒

モビット

電話連絡・郵送物なしで借りれる!

モビットの特徴

モビットのWEB完結は電話連絡無し・自宅への郵送物無しで借りることができます。カードローンで初めてカードレスに対応したのがモビットです。今まではWEB契約をしたとしても、ローンカードだけは自宅に郵送されていましたが、返済方法を口座振替にし、カード不要を選択すれば自宅に一切郵送物が届きません!内緒で借りたい人にはモビットがおすすめです。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短即日
融資日数 ※最短即日

モビットもプロミスと一緒に申込するのに人気のカードローンです。プロミスもカードレス対応になっていますので、自宅への郵送物は無しで借りられますが、もともと最初に郵送物無しを打ち出したのはモビットでした。モビットのWEB完結は電話連絡も一切無しになっていますので、内緒で借りたい人には人気があるカードローンです。(※最短即日融資は申込の時間帯によっては翌日融資になる場合があります。)

モビット公式サイトはこちら⇒